2010年01月22日

ヒマラヤの氷河消失、報告書は誤りと陳謝(読売新聞)

 【ワシントン=山田哲朗】国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は20日、声明を発表し、2007年の第4次報告書で「ヒマラヤの氷河が2035年までに解けてなくなる可能性が非常に高い」とした記述は科学的根拠がなく誤りだったと陳謝した。

 世界中の科学者が協力して作成した報告書は信頼性が高く、IPCCはアル・ゴア元米副大統領と2007年にノーベル平和賞を受賞したが、地球温暖化の懐疑派は「報告書の信頼は揺らいだ」と攻勢を強めている。

 欧米の気象学者らが20日、独自に発表した分析によると、報告書は問題の部分を世界自然保護基金(WWF)のリポートから引用した。WWFは英国の一般向け科学雑誌ニュー・サイエンティストが1999年に掲載したインド人研究者についての記事を引用した。しかし、この研究者の論文は未公表で、氷河消失の時期も予想していなかった。

 「2035年」という時期は、別の文献の「2350年」を写し間違えた可能性があるという。分析は「査読を経た論文を基礎に置くという科学の基本を守れば回避できた間違い」と指摘している。

名護市長選、「政党隠し」に腐心の両陣営 それぞれにお家事情(産経新聞)
兄を暴行、死なせる=自首の55歳逮捕−広島県警(時事通信)
「梁山泊」実質経営者ら逮捕=法人税4億円脱税容疑−大阪地検(時事通信)
橋下知事「大阪府しっかり連携を」 大震災備え大規模訓練(産経新聞)
<将棋>久保、桂得 羽生反撃 王将戦第1局(毎日新聞)
posted by アメミヤ マサヒロ at 22:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鈴木宗男氏「検察が正義だと思ったら大間違い」(読売新聞)

 新党大地の鈴木宗男衆院議員は16日、民主党大会で来賓としてあいさつし、同党の小沢幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件に関連し、「検察の暴走はいけない。検察が正義だと思ったら大間違いだ」と激しい検察批判を行った。

 鈴木氏は2002年、あっせん収賄罪容疑で東京地検特捜部に逮捕され、現在、最高裁に上告中だ。鈴木氏は「逮捕は逃亡や証拠隠滅の恐れがある時だ。家宅捜索され、国会議員でもある石川氏がどこに逃げ隠れできるのか。間違った権力とは断固、戦っていこう」と訴えた。

民主党・山岡国対委員長、補正予算の衆院採決は「25日」の方針示す(産経新聞)
郵便局で500万奪い逃走=局員に刃物突き付け−東京・江戸川(時事通信)
友人に成り済まし免許取得=スリランカ人2人を逮捕−警視庁(時事通信)
小沢幹事長「できる限り公正な捜査に協力する」(産経新聞)
なた突きつけコンビニ強盗、数万円奪う…山梨(読売新聞)
posted by アメミヤ マサヒロ at 12:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。