2010年06月03日

普天間 新首相は沖縄との信頼関係構築がカギ(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相の辞任表明によって、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題は宙に浮いた格好となった。米側は辺野古(同県名護市)への移設を盛り込んだ5月末の日米共同声明の着実な実施を求めており、新首相はこの問題に早急に取り組むことが求められる。

 北沢俊美防衛相は2日の記者会見で、「(共同声明の)路線は変えないし、変えてはいけない」と述べ、次期政権でも辺野古への移設実現を目指すべきだと訴えた。

 米側は共同声明の作成にあたって、代替施設の位置、工法などに関して「検討を速やかに完了させる」とした文案に対し、「いかなる場合でも8月末日までに」との文言を盛り込むよう求め、最後まで引かなかった。首相交代などで再びゼロから協議し直す事態になることを避けるためだったとみられる。

 ルース駐日米大使は1日、記者団に対して、「(共同声明は)政府間の合意だ。日本の首相は日本国を代表している」とクギを刺した。

 ただ、地元沖縄県は鳩山政権の対応に反発を強めている。鳩山氏は2日の民主党両院議員総会で「米国に依存し続ける安全保障を50年、100年続けていいと思わない。鳩山が『県外に』と思ってきたことを理解いただきたい」と力説したが、鳩山氏の軽率な言動が沖縄県民の反感を増幅させたといえる。新首相は沖縄の信頼回復をはかることが急務となりそうだ。

【関連記事】
鳩山首相、最後まで“宇宙人” 目うるませ「不徳のいたすところ」
米政府は普天間移設の着実な履行を要求 
普天間 沖縄で「反対闘争が激化する」と懸念
名護市長「失望のどん底、怒りの頂点」 首相の退陣を受けて
沖縄副知事「稚拙な順序…普天間で政権終わった」
「はやぶさ」帰還へ

<御殿場女性遺体>殺人容疑で元夫を再逮捕(毎日新聞)
自ら磨いて感謝とコスト意識=日航社員、車いす清掃―羽田空港(時事通信)
日米文書「辺野古」明記、対処方針には盛らず(読売新聞)
<国交省>発注先の公益法人を提訴へ ずさん道路調査で損害(毎日新聞)
<子宮頸がん>住民検診、効率的な「島根方式」に注目(毎日新聞)
posted by アメミヤ マサヒロ at 17:01| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

8万もらってOKしたら、ソッコーで全裸にされたぞ!!
そのままベッドに寝かされて、全身ペロペロの舐め地獄!!!!
最後、手 コ キされて噴水みたいにザ〜メソ発射しちまったよ(笑)

こんなんしてたらマジでMに開花しちゃいそうだぜ(*´Д`)ハァハァ
http://7ip3iv4.Az.KaSira-d.net/
Posted by ここ攻めたがりの女多すぎ!! at 2010年06月05日 07:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。